やわら香な屋久島

 
店長のナオミです。
ゆっくり過ごした今年の冬。
島外に旅行に出かけてきました!
 
行先は「口永良部島」。
そう、同じ屋久島町の隣の島です♪
 
 
 
Exif_JPEG_PICTURE
[ 日常的に煙る新岳 ]
 
 
 
最近は火山活動が活発で、
年末、1月中旬、1月下旬と、
爆発的噴火もありました。
 

私が訪れたのは、
なんと1月下旬の噴火があったその日でした!
 
 
 
Exif_JPEG_PICTURE
[ 爆発的噴火!]
 
 
 

夕陽を見ようと丘に上がり、
ふと、山側を見ると、
さっきまでとは様子が一変。
 

かすかに煙っていただけだった噴火口から
噴煙が激しく立ち上っていました!
音もなくいつの間にか噴火。
何の前触れもありませんでした。
 
 
 
Exif_JPEG_PICTURE
[ もくもくと立ち上る噴煙 ]
 
 
 
Exif_JPEG_PICTURE
[ 噴き上がった灰がバラバラと落ちてきている ]
 
 
 

すぐに地元消防団に連絡をとり、
警戒レベルの引き上げもなく、
避難指示もないことを確認。
 

安心して、
目の前で繰り広げられる
大自然の流動を堪能しました!
噴火って、すごいパワフル!
 
 
 
Exif_JPEG_PICTURE
[ ちょうど夕陽の沈む頃でした ]

 
 

「火山あるところに湧水あり」
 
今回の旅行の前に友人が教えてくれました。
口永良部島に行くなら、
集落に湧水がゴンゴン湧いてるから
絶対飲んでおいで!と。
 

ゴンゴン湧いてる?
面白い表現するなぁと思っていたら、
本当に想像以上にゴンゴン湧いていました!
これぞ火山の恵みですね。
 
 
 
Exif_JPEG_PICTURE
[ 屋久島の山水と味が違う!]
 
 
 

火山、湧水とくれば、温泉!
口永良部島と言えば温泉は外せません。
 

口永良部島には4つの温泉がありますが、
現在、屋久島町の公式HP上では
1つしか利用できないことになっています。
 
 
 
Exif_JPEG_PICTURE
[ 本村温泉は住民の憩いの場でした♪ ]
 
 
 

昨年の大型台風で、
海沿いの温泉は影響を受けてしまったのです。
 
 
 
Exif_JPEG_PICTURE
[ 寝待温泉近くの立神岩 ]
 
 
Exif_JPEG_PICTURE
[ 緑の屋根の寝待温泉への道はちょっと険しい ]
 
 
Exif_JPEG_PICTURE
[ お湯の神さまとして祀られている岩 ]
 
 

状況は住んでいる人に尋ねるのが一番。
もし口永良部島に訪れるなら、
島の人に温泉の「今の」状況を尋ねてみては。
地元ならではのマル秘温泉情報が得られるかも?
 
 
 
ゆむぎむぎs
 

ゆむぎs
[ 湯の花の浮かぶ湯向温泉 ]
 
 
ゆむぎ神社s
[ 温泉建屋の後ろには神社 ]
 
 
 

屋久島ものんびりとした情緒漂う島ですが、
口永良部島はさらに素朴で、
日本の原風景のような印象。
 
 
 
Exif_JPEG_PICTURE
[ 口永良部島でも道沿いにツワブキ ]
 
 
Exif_JPEG_PICTURE
[ 島の猫は人懐こい ]
 
 
 

温泉に浸かったり、
集落をお散歩したり、
神社をめぐったりといった、
 

ゆっくりと過ごす時間そのものを楽しむ場所だなと、
行ってみて思いました。
 
 
 
Exif_JPEG_PICTURE
[ 小高い場所にある花尾神社 ]
 
 
Exif_JPEG_PICTURE
[ 金峯神社と隣り合わせ ]
 
 
 

同じ屋久島町の隣の島だけど、
屋久島とはまた全然違った魅力のある島。

 
近くて遠い島だった口永良部島。
行ってみたらその距離が縮まった気がします。

 
 
 
Exif_JPEG_PICTURE
[ ヤギがたくさんいたのも印象的 ]
 
 
Exif_JPEG_PICTURE
[ 野ヤギも飼いヤギもいます ]

 
 
 
訪れたことのある場所が増える度に、
自分の世界が広がるような、
そんな感覚があります。
 
屋久島が大好きで屋久島に住んでいますが、
たまには島外へ旅行もいいですね。
 

そしてやっぱり
いろんな人にぜひ屋久島に来て欲しいし、
できるならば時間をつくって
口永良部島まで足をのばしてみて欲しい。
のんびり島旅、おすすめです♪
 
 
 

Exif_JPEG_PICTURE
[ フェリー太陽は一日一便、のんびり運行 ]

カテゴリ

投稿者

過去の記事

top