やわら香な屋久島

屋久島茶畑

茶アップ

茶葉

■屋久島緑茶(茶の木)
ツバキ科 Camellia sinensis

葉が茶の原料になる栽培植物。
チャノキは亜熱帯原産の植物であるため寒さには弱く、
暑さに対しても乾燥した気候には弱い。
古くから屋久島でも茶の栽培はされていたようだが
暗い木陰でも育つので、産地の境界木としても植えられていた。
温暖な気候を活かし新茶の摘み取りは4月上旬から始まるため
「日本一早い新茶」の産地としても有名。

緑茶チンキ

カテゴリ

投稿者

過去の記事

top