やわら香な屋久島

ヤブニッケイ

ヤブニッケイ花

■ヤブニッケイ(藪肉桂)
クスノキ科 Cinnamomum tenuifolium

近畿地方から沖縄かけて野山で見られるクスノキの仲間。
花や実に特徴がないためあまり目立たない木だが、葉が密生することや性質が丈夫であることから、
目隠しや防風など実用的な目的で植栽されることが多い。
葉は裏面が白くクスノキ科独特の芳香がある。
臭みを消すため、魚料理にこの葉を使う地方もある。

ヤブニッケイチンキ

カテゴリ

投稿者

過去の記事

top