やわら香な屋久島

レモングラス

■レモングラス
イネ科 Cymbopogon citratus

熱帯アジアの原産とされるが古くから香料植物として栽培されてきた多年草。
寒さに弱く、日当たりと水はけ、風通しの良い場所を好む。
レモンの香味成分であるシトラールを含有しているため、レモンのようなフレッシュな風味がある。
タイのスープ・トムヤムクンなどの料理の香り付けに用いられたり、
ハーブティ、スープ、カレーなどに活用される。

レモングラスチンキ

カテゴリ

投稿者

過去の記事

top