やわら香な屋久島

konitan

18698431_1404134799652275_3334905710954156661_n
スパへの道が花で埋め尽くされています。 
アブラギリの花です。 
まだ枝にいっぱい花を付けています。 
散った花も、咲いている花も綺麗ですよ。 
_MG_9613
ちょっと季節を先取り、梅雨のイメージするアジサイの花。 
ヤクシマアジサイです。 
雨は苦手な方も多いかもしれませんが、雨で屋久島はいっそう綺麗になります。 
そして、これからの季節、この雨で光るキノコがニョキニョキ出てきます。 
夜が楽しみです。 

18699870_1404134679652287_4544119915713569760_n
姿よりもその香りで存在を主張します。 
クチナシです。 
ジンチョウゲ、キンモクセイと合わせ、三大香木とも呼ばれます。 
※屋久島では自然下で唯一見られる三大香木です。 
是非、あなたの鼻で見つけてみてください。 

_MG_9663
もう時期が過ぎてしまいましたが、オタクミツツジ。 
屋久島でしか見ることができないツツジの仲間で、花弁がバラバラになるほど切れ込む特徴があります。 
屋久島でも小田汲(おだくみ)川にしかったためこの名前となりました。 
※高平集落を流れる川です。小田汲というバス停もあります。 
「しかった」と、過去形なのは小田汲川ではすべて捕り尽くされてしまい、現在自然下では見ることができません。 
悲しいことです。 

s-_MG_9611
こちらも時期が過ぎてしまいましたが、センダンです。 
淡い香りが楽しめます。 
ただ木は大きくなるので、間近ではなかなか楽しめません。 
永田小学校のグラウンドには巨大なセンダンの木があります。 
なかなか見ごたえがありますよ。 

s-_MG_9603
最後にご紹介するのはショウベンノキ。 
耳を疑う名前ですが、本当の名前です。 
植物にはたまにかわいそうな名前が付けられることがあります。 
ヘクソカズラやオオイヌノフグリ・・・ 
彼らには別名もあってヘクソカズラはヤイトバナやサオトメバナ、オオイヌノフグリはルリカラクサ、ホシノヒトミなど素敵な呼び名もあります。 
 
s-_MG_9606
あなたなら、この花なんて別名つけますか? 
 

カテゴリ

投稿者

過去の記事

top