やわら香な屋久島

8C94ACB1-69FA-4F11-B3A2-ECA7F94EF914
施術や、制作物などを
「センスが素敵ですね」と
褒めていただくことがあります。

でも
もともと才能があったわけではないです。
努力をし続けるようにしているだけです。
ワクワクのある苦労をし続けているだけです。
だから方法は日々変化していきます。
ただ根っこや軸は変わりません。

屋久島の自然物たっぷりなセルフビルド空間
「和の香りラボ・島の記憶」に
足を運んでいただきやすいきっかけを
作ろうと思い、来月から、
屋久島の香りと国産米ぬかオイルを用いた
フットトリートメントメニューを
始めることにしました。
(30分3600円税込)
00249EB0-720E-48A3-9476-B7942EC05E80

233AAA31-9F27-4544-A880-15992CE683F8
それに伴い
お店のパンフレットを作り直すために
写真が趣味で世界1周中
(宿運営のため一時中断中)の
ホステルトマルオーナーしょうこさんに
写真を撮ってもらいました。
2D259348-2B49-4F5A-97A0-0D4465313B78

1E21A0C5-0F00-46B3-ABB6-C4EC638359A2

モデル役は、
縁あって出会った
屋久島にゆかりのあるキュートな女性。
A6B9C444-6C52-48AD-B472-C7A260DF2EFC

04D0ADED-901A-446F-A894-6F087132BACE

撮ってもらった写真を見ていて
この空間をコツコツ作った
昨年のことを思い出しました。

9508B7D9-3C2C-48E5-BB1F-9022CF1CFA0A

C1FDE23D-B469-485B-A2BF-B5D37FF5E71E

ワクワクのある苦労は、
きっと安定することとは一生無縁だと思いますが
わたしはそこで生きることが
しあわせなのでしょう。
シワシワで血管浮き出てる腕や手をみていて
なおさらそう感じました(笑)。

腹をくくってしまえば
人や環境のせいにしている時間は
とてももったいなく感じるし
何かや誰かと比較して苦しむこともなくなります。

2023年には取り壊しが決まっている
カウントダウン営業スタイルを取っている
この「トマルビル」。
古さや渋さにあふれているけれど
50年ここに佇んできた不思議な包容力があって
そんな中「島の記憶」の場は生まれました。

B72318E2-0E88-41E0-B97C-BDEC08B705FB

屋久島の自然物に囲まれたこの空間で
どんな出会いと縁があるだろう。
引き続き、たのしみです。

屋久島やわら香アンテナショップ
「和の香りラボ・島の記憶」
鹿児島市泉町1ー8トマルビル3階301
※2023年6月まで毎月10〜20日の10日間限定営業

カテゴリ

投稿者

過去の記事

top