やわら香な屋久島

去年、とある福祉施設の方が
やわら香の扉を開かれました。

福祉をもっとオープンなものにしたい!
重篤な方のケアに香りが役立つのではないかと思う!
ご自身の想いをたくさんたくさん語ってくださいました。

この出会いがきっかけで
明日3月3日、
屋久島で開催されるすてきなイベントに
弊社も関わらせていただくことになりました。

屋久島福祉フェスタ
https://www.facebook.com/events/126672318159489/

福祉

イベントの催しのひとつに
屋久島の各福祉事業所の事例発表があり、
やわら香に来て下さった方の施設で
屋久島の香りを用いたトリートメントオイル「nemuri」での
ケアを続けたことによる驚くべき事例発表があります。

NEMURI

全貌はわたしも明日初めて知るので
わくわくどきどき。

屋久島で育ったおじいちゃんおばあちゃんたちに
屋久島の香りでできること。

何かひとつの扉が
開く予感がしています。

わたしがアロマに出会ったきっかけは、
もうこれ以上落ちることはないんではないだろうかという位
ボロボロな状態の時だったので
ファッションや美容といった観点でのアロマではなく、
本当に心身にはたらきかけるものだという実感が入口でした。

アロマが仕事になってからは
デイサービスでのフットトリートメントのお手伝いを
させていただく機会もあり、
香りがきっかけで急に昔を思い出してお話してくれたり、
継続的なトリートメントで脚がどんどんきれいになったり、
受けるのが楽しみなのよーとニコニコ笑うようになられたり、
人生の大先輩であるおじいちゃんおばあちゃんたちの変化に
パワーをいただいていました。

いずれは自分もおばあちゃんになる。
できないことも増えてくる。
でも、年を重ねるからこそ生まれてくることもある。
人生を終えるその時まで「生涯現役」で生きていたい。

そんな気持ちをずっと携えているし
そういう方たちと共に過ごせる人生でありたい。

カテゴリ

投稿者

過去の記事

top