やわら香な屋久島

 
株式会社やわら香は
2012年に設立した
屋久島で屋久島の香りを用いた事業を展開する会社です。
 

日本各地の杉・檜の植林地は、
必要な間伐が行き届かず荒れて
地盤の弱い森になっています。
それは世界自然遺産である屋久島も同じ。
 

樹齢千年を越える天然林の屋久杉ではなく、
人の手で植えられた「地杉」と呼ばれる人工林の杉から
精油を抽出することで、次世代に続く
豊かな森づくりの一助にと取り組んでいます。
 

それと同時に、
豊かな自然あってこそ人は生きられることへの
感謝や畏敬の念を忘れずに、
持続可能な循環するものづくり・場づくりを行うことで、
心身の自助力と自浄力につながるきっかけを産みだし続ける。
 

これらが、やわら香が存在する意義です。
 
 
 
Using the scents of Yakushima to bring happiness,relaxation and health.
 
To be more than sustainable.
Not all of Yakushima is old forest.
Some of the island was logged
and replaced with plantations of sugi and cypress.
 
To return these parts to their natural state,
the man-made forests must be thinned.
These thinned trees and the pure water of Yakushima
are used to make our products.
 
Thank you for sharing Yakushima’s rich natural world.
Remember the island.
And support us in our mission for more than sustainable industry.
In doing so,heal you mind, body and soul with the scents of the forest.
 
YAWARACA Inc. established in 2012.
 
 
 
存在意義

 
 
 

今年の春に作成した商品カタログの紙面を
このblogで紹介したいと思ってはいたのですが、
取り掛かれずに12月の今に至りました。
 
紹介は大幅に遅れてしまいましたが、
結果として、年の瀬に自社の存在意義と向き合うことになり、
思いがけぬ振り返りとなりました。
タイミングの妙ですね。
 

2019年も残すところあとわずか。
皆さまにとって、今年はどんな一年だったでしょうか。
 
2020年が誰にとっても喜びに満ちた実り多き一年となりますように。
良いお年をお迎えください。
 
 
 
Exif_JPEG_PICTURE

カテゴリ

投稿者

過去の記事

top