やわら香な屋久島

951D1037-DB4E-4E45-A225-AD74D62D4B25

やわら香店内の一角を小さなレンタルスペース
「香箱-cobaco-」(こばこ、と読みます)
として稼働することにしました。

初稼働として
屋久島在住のmimori.artの個展を
開催いたします。

526EB8CE-987A-4E20-997E-6C46371C8993

香箱のスペース(約7㎡)は
全て屋久島の地杉でできた空間で
普段は画像のように待合エリアとして、
また私の作業場として生かしておりますが
このちいさな空間だからこそ
新たな何かのきっかけとなれるかも?
この空間だからこそイメージが膨らむ人がいるかも?
と、ふと感じたのがきっかけで
mimori.artとの出会いにつながりました。

あえてピクチャーレールは敷かず
作家さんが、展示の仕方から
自由にイマジネーションします。

mimori.artを知ったのは
林業女子であり地杉アーティストでもある友人Kと共に
2人で感じるままに絵を描いている動画でした。

本人たちの了承を得て動画を共有・・・と思ったら
動画がなぜか貼り付けられないので
画像をシェアします( ◠‿◠ )

3AA53A0C-CDB5-4DFC-9C1B-493F42980790

A36883E9-4485-45D1-8D44-C9D90587224D

704A2B5A-D322-4DBF-9266-74AB0707F8ED

(インスタアカウント@mimori.art

絵を描き始めたきっかけが気になって
彼女に聞いてみました。

屋久島に移住してから急にある日、
絵を描きたい!
模写じゃなく自分の絵が描きたい!
という瞬間があり、その時
家にボールペンしかなくて
それがペン画のはじまりだったそうです。

91702D46-DE52-4C67-8D0C-A44F0450F4CA
(ほんと、どこでも入手できる身近なボールペンで
今でも制作しているそうです。)

人に見られるのが恥ずかしくて
ずっとコソコソ描いていたそうですが
友人Kとの出会いで
ふと絵を見てもらいたくなったそうです。
この人なら笑わずに見てくれるんじゃないかって。

そこから意欲的にまた描き始めるようになり、
自分の中にある気持ちに気付いたんだそう。
「私はずっと絵が描きたかったんだ。
おもっきり描くぞー!」と。

旅しにくると言うのはまだまだ先になりそうですが
まずは、今屋久島にいらっしゃる方々、
彼女の「感じるを可視化」した作品、
ぜひ感じにいらしてくださいね。

なおmimori.artの在廊予定日は
1月23、24、30、31、2月1日
となっております。

ご来店時はマスク着用でお越しください。
ちいさなスペース&店内ですので
来店が重なった場合、少々お待ちいただくことも
あるかと思いますがご了承ください。

また、「香箱」のレンタル規約については
また追って告知させていただきます。

よろしくお願いいたします。

カテゴリ

投稿者

過去の記事

top