やわら香な屋久島

ayano

やわら香総会

2017年7月14日:s.p.a.kioku

やわら香ブログをご覧の皆さま、こんにちは。
s.p.a kiokuセラピストの安井です。
 
 
 

初屋久島の夏、日中のうだるような暑さと、夜の爽やかな夜風

屋久島のめりはりは人であれば、憧れる切り替え力です(^^)
 
 
 

さてさて、先日、やわら香総会があり、島内旅行に行ってきました~。

普段とは違った雰囲気にるんるんです♪

20170705_112653_resized_1
優子さん差し入れのやわらカエル君
 
 

総会の中で、十年後の自分が書いていると想定しての、
 
『十年後日記』というものがありました。
 
 
今日はそのことについてお話したいと思います(^^)
 
 
 

2日目の朝に発表ということで、

お題が出たその時に思いついたワードが
 
 
『アスリート』 『オリンピック』 『主婦』 『子供』など。
 
 
バレーボール選手の経験がきっかけでアロマに到着したことも大きかったので、
 
 
スポーツのワードが出ました。
 
 
 

時間が経つと、違和感があったので
夜のフリータイムで考え直すことに・・・
 
 
 
 
 
 
 

すると・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 

『月あかり』というワードが頭に入ってきました。

月
 
 
 

今思うと、あの時は月見たっけ?
夕日はキレイだったけどな~と曖昧ですが(笑)
 
 
不思議と頭に浮かびました。
 
 

月明かりについて考えていると、

屋久島は夜に開いているお店が少なく、
電灯もあまりありません。
 
本州と比べると、かなり暗いです。
 
 

その暗闇があることで、
日中の太陽の明るさとは違った
月明かりには何とも言えない安心感があることを知りました。
 
 
 
「私も月明かりのような暗闇を優しく照らすセラピストになるんだ」
 
 
 

今までぼんやりとしていたイメージがクリアになりました。
 
 
 
普段とは違う場所で考えると、違った角度で自分を見ることができるんですね。
 
 
IMG_20170705_195441_433
 
 
 
 
 
 
私にとっての『日常』は、みなさんからすると『非日常』であること。
 
 
 
『お宿』という、私にとっても『非日常』な場所で考えることができました。
 
 
 
少しずつお金を貯めて、定期的にお宿に宿泊しようと企んでいます^^
 
 
 

みなさまもぜひ、屋久島で非日常を味わいにいらして下さい。

カテゴリ

投稿者

過去の記事

top