やわら香な屋久島

燃えてる正方形

ゆらぐ炎
甘い香り
燃ゆる音。

まるで
小さな
だんろ。

明日6月22日は夏至。

愛知にいたころ
「100万人のキャンドルナイト」の活動を知ってから
なるべく
夏至の日の夜8時~10時は
でんきを消してロウソクの灯りですごすようにしていた。

屋久島に来てから
夜がほんとうに夜になるから
自然とロウソクの灯りをともすようになった。

自分の中のスイッチがオフに切り替わる。

この何気ないことが
どれだけたいせつだろうかと感じている。

やくしま地杉の木の芯と
国産みつろうでつくった
屋久島ヒーリングキャンドル。

やわら香の商品に仲間入り。

パチパチ、パチパチと
芯が燃える音。

じんわり灯る赤い炎。

みつろうが溶ける甘い香り。

電気をけしてみよう。

五感を癒し、研ぎ澄ましてみよう。

みうろうキャンドルパック入りといっしょ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
みつろうキャンドルは、パラフィン製のものより
穏やかにゆっくりと燃えます。

燃えているときのわっかは
ゴールデンサークルと呼ばれ、
空気を浄化する力があると言われています。

【屋久島ヒーリングキャンドル】
850円

オンラインショップ
http://yawaraca.shop-pro.jp/?pid=90968172

カテゴリ

投稿者

過去の記事

top