やわら香な屋久島

 
「視覚」「四角」「資格」
 

物事の判断の多くを視覚に頼り気味な現代(いま)。
心のよりどころとしてだけの実働しない資格。
ひとつの角を取り払えば円滑に進む出来事。
 

屋久島のダイナミックな自然環境で限りなく純水に近い超軟水を用いて
私たちが無垢な気持ちで生み出す屋久島の香り素材や商品が
日々忘れかけていたり忘れたふりをしている感覚や感性を
思い出すきっかけになれますように。
 

そんな想いから
「島の記憶」という屋久島の香りブランドは生れました。
 
 

In Yakushima.
Deep in the heart of the esoteric wood.
Where the river runs fast but the water is soft.
I remember the scent of the wize old sugi-wood.
I want you to remember it too.
An aroma to remember the island.
 
 
しかくに
 
 
 

私たちのブランドコンセプトを表現して
精油の小瓶が入った箱は四角ではなく三角。
 
 
Exif_JPEG_PICTURE
 
 

小さなことにも意味や役割を持たせる。
ちょっと洒落をきかせる。
 
 
Exif_JPEG_PICTURE
 
 

そんなものづくりの現場はとってもクリエイティブ。
 
 
Exif_JPEG_PICTURE
 
 

嬉しいことに、商品や売り場を
「オシャレ」といって頂けることが多いです。
私たちの洒落に「お」をつけてもらって「御洒落」。
 
 
Exif_JPEG_PICTURE
 
 

目に見えない香り、目に見えない想いは、
こうしてオシャレに伝えられたらと思います。
 

カテゴリ

投稿者

過去の記事

top