やわら香な屋久島

やわら香の店長ナオミです。
関東出張も無事に全てのイベントを終え、
神奈川への里帰り休暇も終えて、
屋久島へ帰ってきました!
 
 
 

イベントへ足を運んでくださった皆さま、
また、当日は都合がつかずとも、
興味を持って、
気持ちを寄せてくださった皆さま、
 

そして、滞在中にお世話になった皆さま、
改めて、本当にありがとうございました!
 
 

 

屋久島を半月も離れて、
いったい何をやっていたのかしら?と、
気になるところかと思いますので、
あれこれ出張報告いたします。
 
 

まずは第一弾!
『あきゅらいず文化祭』編。 
 

あきゅ入口
[ 慣れ親しんだ三鷹のあきゅらいず本社入口 ]
 
 

『あきゅらいず』は
やわら香と同じUBU(うぶ)グループの会社。
 

◆UBUグループ  http://ubu-g.com
 
 

三鷹の本社ビルで毎年
文化の日に文化祭を開催しており、
来年には本社ビル移転予定のため、
三鷹での文化祭は今年が最後でした。
 
 
 

akyu全員集合
[ あきゅらいずだよ!全員集合! ]
 

akyuスキンケア売り場
[ あきゅらいず基礎化粧品の販売コーナーも大盛況♪ ]
 
 

やわら香も毎年出店。
今年は販売だけでなく、
屋久島の杉で染める手ぬぐいづくりワークショップを実施。
皆さん楽しんで下さったようです♪

 
 

akyuWS看板
[ 当日申し込んで下さった方も♪ ]
 

akyuてぬできた1
[ 完成品は十人十色!本当にみんなちがう! ]
 

akyuてぬ絞り
[ 屋久島の海の小石やサンゴを包んで絞り染め ]
 

akyuサンゴこいし
[ 屋久島の海の小石やサンゴが活躍♪ ]
 

akyu手ぬ投入
[ 杉の染液に真っ白な手ぬぐいを投入! ]

 

akyu手ぬぐつぐつ
[ ぐつぐつとお料理のように煮込みます ]

 
 
 

この杉染めの染料、
実は、
やわら香の精油の蒸留時に生まれる
“ 副産物 ”を活かしています。
 
 
AW
[ こちらは蒸留で得られた精油(上澄みの液体)]
 
 

蒸留では、原料である地杉を蒸したときに
立ち上る『蒸気』が主役で、
その『蒸気』を集めて冷やすと
『精油』が現れるのですが(主産物)、
 
 

蒸留後の釜には、
原料にぶつかって滴り落ちた水滴が
再び煮詰められ、濃縮した、
茶色い色をした『煮汁』(副産物)が残ります。

 
 

27・ディープW
[ 濃い茶色の煮汁は独特な香り ]
 
 

グツグツと煮詰められた
『深み』があることから、
私たちはこの釜に残る『煮汁』を
『ディープウォーター』と名付けて、
染料として活用しています。

 
 
 

akyu
[ 思い思いの柄を絞りで作っていきます ]
 

akyuてぬ真剣
[ みなさん真剣! ]
 
 

 

この杉のディープウォーターで染めた手ぬぐいは
以下の3つの方法で手にすることができます。
 

手ぬぐいアップ 
 

①今回のような島外ワークショップ
②屋久島のショップでのワークショップ
③ショップやwebでの商品販売
 
 

気になる方は
それぞれ情報をチェックしてみてくださいね!
 
 

杉色てぬぐい
 

◆webショップ:やわらかな杉色手ぬぐい
http://yawaraca.shop-pro.jp/?pid=101855157
 
 

 

akyuたいやき
[ 文化祭ではたい焼き屋さんも!美味でしたー!]
 

akyuぱん
[ おいしいパンもありました♪ ]
 
 
 

akyuおまじ
[ 文化祭でも大人気!眠れる森のおまじないスプレー ]
 
 

あきゅらいず文化祭は大盛況のうちに幕を閉じ、
出張は逗子へと続きます!

カテゴリ

投稿者

過去の記事

top