やわら香な屋久島

044-jpga

明けましておめでとうございます!

今年も屋久島の四季の日常の美しさを

綴ってゆきます。

よろしくお願いします。

(*^-^*)

 

 

001

屋久島の年越しは

毎年、益救神社での益救神太鼓(やくじんだいこ)を観にいきます。

 

023-jpga

山の善の神と、それを邪魔しようとする悪の神が太鼓の打ち合いをします。

この太鼓のセッション的な打ちあいが、

迫力があって聴き応えがあります◎

 

032-jpga

最後は善の神が悪の神を追い払います。

 

039-jpga

年を越して、

平和になった場に

善の神が神聖な火で禊いでくださり、厄をはらってくださいます。

 

 

006

松が明けた7日。

屋久島・平内集落の鬼火焚きに行ってきました。

これも毎年恒例の行事で

各集落で催されます。

 

 

009

松飾などを焼くのですが

孟宗竹を芯にして、てっぺんに鬼の絵があります。

この炎の勢いで鬼が焼け落ちたら悪霊が祓われたということになります◎

 

013

ものすごいバチバチという木がはぜる音です★

まるで爆竹みたい!

松や竹も勢い良くもえるのですが

なにしろ通称「バチバチの木」

ウバメガシの木のはぜ方が半端ないです。

 

022

019

ひ~~~!

はぜたのが飛んできました!!

(><;)汗

 

 

014

見事、鬼が焼き落ちました◎

今年も幸多き良い年でありますように。

\<’ ◇ ‘>ノ

 

 

top