やわら香な屋久島

温かくなったかと思えばまたキュンと冷え込む。
まさに三寒四温で春の歩みを進める屋久島です。

たんかんちぎりview
 
 
さて、季節をさかのぼって1/10~2/10 、
まるまる1か月の間、冬期休業していたやわら香のラボとスパ。

なぜかというと、
この時期の屋久島は極端に人がいないのです!!

年末年始を屋久島で過ごす方が帰ってしまうと、
島はちょっぴり静かになってしまいます。
観光の方も減ってしまうのですが、
この時期は街を行き交う島民も減ります。

ガイドさんなどは特に、
オフシーズンを活かして島を離れ、
旅をする人もいれば、別の仕事をする人もいます。
地元農家さんはポンカン収穫のハイシーズン。
山で畑で大忙しでも、街は静かなのです。
 
 

ぽんかん
 
 

“ 季節によって働き方を変える ”

島の昔ながらの自然に根ざした生活もそうですが、
同じく島に生きる、観光業の私たちの生活も仕事も、
季節にあわせて大きく変わります。

そんなわけで、
やわら香では来店するお客様の少ない冬期は休業し、
商品の生産に集中していました。
 
やわら香では商品を “ こども ” に見立て、
商品生産は “ 産卵 ” と呼んでいます。
屋久島では初夏はカメの産卵期、冬はやわら香の “ 産卵期 ” です。
 
 

クリーム量産

*屋久島おまもりねりこう
http://yawaraca.shop-pro.jp/?pid=107721884
 
 

また、やわら香の核となる精油の抽出も稼働していました。
ポンカン、タンカンが順番に収穫のハイシーズンを迎え、
抽出もおのずとハイシーズン!

たんかん洗い
 

ポンカンずらっと

*やくしま ぽんかん&たんかん精油 (5ml)
http://yawaraca.shop-pro.jp/?pid=79326090

 
 

季節が巡るリズムに合わせて働くこと。
厳しくもありますが、とっても幸せなことかもしれません。

温かい春、にぎわう春。
生まれたての “ わが子 ” たちと共に春を迎えます。
 
 

カエルぬいぬい

*眠れる森のアイピロー
http://yawaraca.shop-pro.jp/?pid=89366701
 

カテゴリ

投稿者

過去の記事

top