やわら香な屋久島

こんにちは!店長のナオミです。
先日、縄文杉トレッキングに行ってきました。
移住前、初めての来島で行ったっきり、実に6年ぶりです!
 

縄文杉アップ
[ 縄文杉! ]
 
 

その日は大雨!
雷もずーーと鳴り響いて激しい歓迎ムード(笑)
それまで10日間くらいピーカン晴れの夏日が続いていたのに…。
 
 

橋の上のナオミ
[ カッパ上下&防水キャップ&傘&ザックカバーの完全防備! ]
 
 

荒川登山口からスタート、
傘をさして、トロッコ道をテクテク進みます。
 

途中の橋から川を見ると、びっくりするくらいの増水!
屋久島で川の水が濁るなんて ものすごくレア!と大興奮。
そのくらいの荒天でした。
 
 

増水
[ こんな色の川は屋久島で初めて見ました ]
 
 

トロッコ道は約8キロ。
そこからは岩がゴロゴロの山道が約3キロで縄文杉。
実は私はこの山道の方が歩きやすいです(^^)♪
 
 

山道
[ 木の根が張り巡らされているのが印象的 ]
 
 

途中、
7年前に折れて倒れてしまった翁杉、
翁杉
 

みんな大好きウィルソン株、
ウィルソン株
 

縄文杉が発見されるまで一番大きいと言われていた大王杉など、
大王杉
 
 

大きな見どころもあり、
 
 

また、
苔の上に芽吹いた小さな杉の赤ちゃんや、
杉の子
 

杉の皮の隙間から顔を出すカエル、
杉の中のカエル
[ ピントが合う前に引っ込んじゃいました… ]
 
 

苔に滴るキラキラの水のしずくなど小さな世界も楽しみつつ、
しずく
 
 

約5時間のトレッキングの末、
縄文杉と6年ぶりの再会を果たしました!
 
 
 

縄文杉正面
[ 再会! ]
 
 
 

霧に包まれた縄文杉は幻想的で、
手前の木々の陰にひっそりと隠れるように、
それでいて、隠しきれない独特の存在感で
静かに佇んでいました。
 
 

縄文杉引き気味
[ 霧が濃くなったり晴れたり… ]
 
 

そして今回 楽しみにしていたのが、
今年の4月に新しくできた展望デッキから見る縄文杉。
 

ベテランガイドさんをして、
「この眺めでご飯4杯はいける!」と言わしめた眺望、
初めて見る角度が新鮮で、正面からとはまた違った魅力でした♪
 
 

縄文杉別角度
[ こちらから見ると枝ぶりがこうなっているとは…新鮮! ]
 
 

帰りは雨も雷も弱まり、やがて止んで、
霧が出たり晴れたり、サルが出たり引っ込んだり。
森はいろんな姿を見せてくれました。
 

増水して濁っていた川の水も、
すっかり引いて、透明感を取り戻しつつありました。
 
 

増水が引いた後
[ 行きとは違う川のよう ]
 
 

さて。
休日に日帰りで往復10時間歩くのは
やっぱりなかなかしんどい!
ひざ下と、意外にも肩に疲労を感じてちょっと不思議。
荷物を背負うから肩が凝るんですね。
 

「トレッキング後の疲れた体のケアにはぜひ
やわら香のアロママッサージサロン s.p.a.Kioku へ。」
 

ーと、今はとくに瑞々しい実感を持って言えます。
もはやオススメとか宣伝とかというより、
身体の中から湧き上がる「ケアしたい!」という欲望そのものです(苦笑)
 
 
spa施術
http://yawaraca.jp/spa/
 
 

今度はのんびり登って山で1泊して、
山の星空も満喫して、
朝日を浴びる赤い縄文杉を見に行ってみようかな!
また違った魅力と出会えそうです♪
 

今年は縄文杉が発見されて世に知られるようになってから
ちょうど50周年の節目の年。
皆さんも縄文杉に会いに行ってみては?

カテゴリ

投稿者

過去の記事

top